ツジデザイン一級建築士事務所

辻のおはなしTsuji’s Blog

辻のおはなしでは、ツジデザインのプロジェクトの進捗や僕達の価値観にまつわるさまざまなコト、
モノについてとりとめなく書いていく小文です。
また、一般の方にわかりにくい用語の解説や家づくりのあれこれなどの知識も、
わかりやすくまとめていきます。

2016.06.01

シリーズ 住宅ローンの基礎知識 その2 フラット35の解説

お金のおはなし

第2回 フラット35の解説

目次

  1. はじめに
  2. フラット35の特徴
  3. フラット35の条件
  4. フラット35の借入額と返済期間
  5. フラット35利用時の注意点

1.はじめに

第一回ではおおまかな住宅ローンの種類を解説しました。
今回から、代表的な住宅ローンについて個別の解説をしていきます。
まずは2回にわたり、低金利時代には魅力的なフラット35とフラット35Sについて解説していきたいと思います。

2.フラット35の特徴

フラット35は、住宅金融支援機構による住宅ローンの証券化スキームを活用したもので、民間金融機関で取り扱いをしている長期固定金利の住宅ローンです。
大きな特徴として

  1. 最長35年間の長期固定金利
  2. 最高8000万円(ただし必要資金の10割まで)
  3. 保証料、連帯保証人も不要
  4. 住宅金融支援機構の定める技術基準に適合した住宅であること

などの特徴があります。
以下、条件などを解説していきましょう。

3.フラット35利用の条件

フラット35を利用するには、以下の条件が必要となります。

利用者の条件
  • 申し込み時の年齢が70歳未満、かつ日本国籍の人、または永住許可を受けている人
  • 年収に占める(フラット35も含む)すべての借入が、年収400万円未満は30%以下、年収400万円以上は35%以下であること。
用途の条件
  • 本人が所有し、本人または親族が住むための新築住宅、または既存住宅購入のための資金
  • 借り換えにも利用可能
  • リフォームには利用不可
  • 連帯保証人も保証料も不要
物件の条件
  • 一戸建ての場合床面積が70㎡以上、共同住宅の場合は30㎡以上
  • 住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合し、かつ建築基準法で定められた検査済み証が交付されていること
  • 土地を含めた建設費が一億円以下(消費税も含む)であること。

4.借入額と返済期間

  • 100万円以上8000万円以下(土地取得費含む)
  • 15年以上35年以下、または年齢が80歳になるまでの年数のうち、いずれか短い期間。
  • 金利は全期間固定金利

 

5.フラット35利用時の注意点

以上のように、比較的使いやすい商品設計となっている反面、金融機関での住宅ローンと違い、フラット35ならではの部分もあり注意が必要です。

  • 団体信用生命保険(団信)の加入は任意で、加入する場合は別途特約料がかかる。(金融機関でのローンの場合、金融機関が負担)
  • 取り扱う金融機関によって、事務手数料が異なるため注意。
  • 住宅金融支援機構の定めた技術基準に適合する必要があるため、設計段階から対応が必要。概ねハイグレードな仕様となる。

特に団信への加入については、よく考慮する必要がありそうです。
また、技術基準に適合させることで住宅価格が上がったり、書類作製費などがかかるため、金利や手数料等比較検討が必要です。

 

フラット35についての解説、いかがでしたでしょうか。次回はフラット35の上位版、フラット35Sについて解説したいと思います。

(書き手 辻 秀易)

次回予告
フラット35Sについての解説
”一見良いことづくめだが‥バランスが大事”

Pocket

お金のおはなし

辻のお手紙にご登録頂くとツジデザインの様々な新着情報をお届けします

辻のお手紙にご登録頂くとツジデザインの様々な新着情報をお届けします