ツジデザイン一級建築士事務所

辻のおはなしTsuji’s Blog

辻のおはなしでは、ツジデザインのプロジェクトの進捗や僕達の価値観にまつわるさまざまなコト、
モノについてとりとめなく書いていく小文です。
また、一般の方にわかりにくい用語の解説や家づくりのあれこれなどの知識も、
わかりやすくまとめていきます。

2016.03.28

地鎮祭 についてのおはなし

家づくりあれこれのおはなし

地鎮祭

地鎮祭 どうしたらいいの?

いよいよ着工にむけて、  地鎮祭  。
でも、地鎮祭ってそもそもなに?いったい何を準備したらいいの?
そうした疑問をまとめてみました。

  1. 地鎮祭とは

    地鎮祭【ぢちんーさい】土木・建築工事んどで、工事を始める前に土地の神をまつり、工事の無事を祈る儀式。とこしずめのまつり。土祭り。地祭り。地祝い。- 三省堂 大辞林より
    建築工事を始める前に関係者一同で土地神に報告を行う地鎮祭。
    土地神は本来「氏神」、「鎮守神」、「産土神」等に分けられますが、現在ではほぼ同一視されているようです。
    お施主様はもちろん、工務店や設計事務所など工事関係者が出席します。
  2. 地鎮祭で準備するもの

    とくに普段からおつきあいのある神社がなければ、工務店さんに手配はおまかせしてかまいません。日取りを決めて、出席する人数をお伝え下さい。
    ■祭壇
    通常、工務店側で用意していただけます。

    ■お酒
    日本酒を一升瓶で用意します。酒屋さんで、「地鎮祭用です」と伝えれば、奉献の熨斗をつけてくれます。■洗米 1合程度のお米を洗って、ざるなどに広げて乾かしておきます。

    ■お供え
    海のもの お頭付きの魚(鯛‥というわけにもいかないでしょうから、頭があれば良いようです)、昆布、ワカメなどの乾物、姿のままのスルメ。
    山のもの 野菜や果物(大根、人参、トマト、みかん、いも類、りんごなど)

    ■塩
    お清めに使います。一盛り。

    ■お水
    お清めに使います。500ccほど。朝一番でペットボトルなどに詰めた水道水で十分です。

  3. 神主さんへのお礼はどうしたらいいの?

    地鎮祭が終わった後、神主様さんにお礼をお渡しします。祝儀用ののし袋を準備しましょう。「玉串料」または「初穂料」と書きましょう。
    金額の相場は2〜3万円程度です。
  4. 服装はどうしたらいいの?

    普段着で十分ですが、神前ですので少し整えていただくとより良いかもしれません。
    スーツを着たりまでは必要ないでしょう。
  5. 地鎮祭の流れ

    修祓(しゅばつ)

         神主さんが出席者の身を清めるためのお祓いをします。
         起立した状態で軽く頭をさげ、神主さんにお祓いをしていただきます。

    降神の儀(こうしんのぎ)

         祭壇に土地の神様をお迎えします。

    献饌(けんせん)

         神主さんが祭壇にお供え物を差し上げます。

    祝詞奏上(のりとそうじょう)

         工事の安全を祈願し、祝詞を読み上げます。

    四方祓い(しほうはらい)

         神主さんが土地の四方をお清めします。

    玉串奉奠(たまぐしほうてん)

         関係者一同、祭壇に玉串を捧げます。神主さんが玉串を手渡してくれますので、左手の手のひらを上にして受け取り、右手で回転させ、榊の茎のほうを捧げる側に廻します。祭壇に玉串を置いたら、二礼二拍手一礼、つまり、2回おじぎをし、2回手をたたきます、最後にもう一度おじぎをします。

    撤饌(てっせん)

         土地神様へのお供え物をお下げします。

    昇神の儀(しょうしんのぎ)

         祭壇に宿った土地神様にお帰りいただきます。

    直会(なおらい)

    最後に、お供えのお神酒をいただき終了です。
    初穂料はこの辺りで、さりげなく渡してください。
 以上が神式の地鎮祭の一連の流れです。
もちろん、各宗教毎に異なるため仏式やキリスト教式なども存在します。
Pocket

家づくりあれこれのおはなし

辻のお手紙にご登録頂くとツジデザインの様々な新着情報をお届けします

辻のお手紙にご登録頂くとツジデザインの様々な新着情報をお届けします