ツジデザイン一級建築士事務所

辻のおはなしTsuji’s Blog

辻のおはなしでは、ツジデザインのプロジェクトの進捗や僕達の価値観にまつわるさまざまなコト、
モノについてとりとめなく書いていく小文です。
また、一般の方にわかりにくい用語の解説や家づくりのあれこれなどの知識も、
わかりやすくまとめていきます。

2016.12.19

第5回 キッチンの設備機器Ⅱ

キッチンのおはなし

オーク無垢材オーダーキッチン

第5回 キッチンの設備機器Ⅱ
−いまどきの食洗機−

目次

.はじめに

.食洗機事情

.デメリット

.メリット

.まとめ

 

1.はじめに

設備機器の2回目の今回は、食洗機(食器洗い乾燥機)についてお話します。
「食洗機」、今や使ってなくても、知らない人はいない機器となりましたが、日本で初めて発売されたのは1960年、普及し始めたのは2000年になってからと、まだまだ発展途上の製品です。
以前受講したキッチンセミナーによると日本における普及率は約3割程度で、当事務所での住宅の食洗機導入は7割です。
みなさん、導入に迷われたり、必要性を感じなかったり、、、いろいろ思いがあるようです。
今回はそんな「食洗機」についてメリット、デメリットを中心に整理してみました。

2.食洗機事情

先ほど、日本の普及率は3割程度と書きましたが、実際の所有者の利用頻度の調査によると1日に1回以上利用している割合が6割だそう。これによると、大半は活用しているようですが、逆に4割は活用してないということですよね。
さらに、「今後も食洗機を使用したいか?」の設問には半数弱しか今後も使いたいと考えてないそうです。
この結果を聞いて「なんでそんな良い物持ってるのに使わないの?」「えっ?! 食洗機、いらないの?」と衝撃をうけたものでした。
ちなみにキッチン先進国の欧州では食洗機普及率は9割で、すっかりなくてはならない設備のようです。
日本と欧州、それぞれの事情もあるかと思いますが、この数字も衝撃でした。
なにがそんなにも食洗機の魅力を損じているのでしょうか?

 

3.デメリット、不満点

導入しない理由と個人的な検証

 ・光熱費がかかりそう
  →各社節水効果を謳ってますよね。逆に常にお湯を使うので電気代(ガス代)はかかります。
個人的な意見としてはハーフ&ハーフでしょうか?

 ・ホントに綺麗になるか疑問
 ・下洗いが面倒くさい
  →下記の「使わない理由」にもあるように、汚れの種類によってはしっかり予洗いが必要だったり、食器の形によっては汚れが落ちにくいものもあるようです。このあたりの意見には個人差がありそうです

 ・高価
  →確かにまだまだ「高価」ではあります。そのぶん収納スペースにしたいという方もいるかもしれません。
   しかし、後述するメリットの事も含めて費用相対効果を考えると本当に「高価」なのかそうでないのか見えてくるのでは。

使わない理由と個人的な検証

 ・あんまり綺麗にならなかった
  →前述

 ・音がうるさい
  →実際音は出ます。気になる人もいるかもしれませんね。しかし年々改善はされているようで、最新のメーカーカタログによると43dBとなっていて  これは図書館内の静かさに近い数値です。
気になる人は実際に展示してあるもので確認してみると良いかもしれません。

 ・時間がかかる
 ・手洗いのほうが早い
  →標準で90分(国内メーカー参考)程度かかります。
   たしかに少量の食器なら食洗機にセッティングしている間におわってしまうかもしれません。
   下記の下洗いを面倒と思う方も含めて、ここをどうとらえるかが意見の分かれ目でしょうか?
   少しの手間で後はお任せ。他のことをしている間にピカピカに洗って、乾燥までしてくれると考えてみるのも良いかもしれません

 ・下洗いが面倒くさい
  →確かに、予洗いは必要です。入れるだけ!というわけにはいきません。「予洗いするぐらいなら、全部洗ってしまう。」という方もいるでしょう。   でもやはり綺麗に洗うのと、ある程度汚れを落とすだけのとは手間が違うのではと思います。
洗濯でも衣類によって、仕分けしたり、部分洗いしたり、手洗いしたりするのと同じだと思ったらどうでしょうか?。

4.メリット

 ・時間にゆとりが出る。
  →これが一番の利点では。
   空いた時間で、子どもの相手をしたり、趣味の事をしたり。。。
   心のゆとりもできるのでは。
家事をしているのに、かまってかまってとせがむ子どもにイライラする事が減ることは、自分にも、子どもにも良いことですよね。

 ・高温洗浄高温乾燥による殺菌作用、
  →夏場の食中毒対策、冬の胃腸風邪の感染予防等、衛生面での効果は子どもがいる家庭だけでなくても、魅力的なメリットでしょう。

 

5.まとめ

 ・向いてない人
  食器洗いに、こだわりがある人、洗うのが好きな人
  食洗機が使えない食器が多い人(漆器、メラミン、繊細なもの、、)
  こまめに洗わないと気になる人

 ・向いてる人
  日々、時間に追われている人(時間のゆとりがない人)
  使った食器がキッチンに貯まりがちな人
  食器の衛生面が気になる人
  家族と過ごす時間を大切にしたい人
  自分の時間を持ちたい人

 ・使いこなすには
  食洗機を万能だと期待しずぎない事
  洗濯と同じ、ある程度の手間(予洗い、仕分け等)はかけること
  朝食の少量の時はためておいて、夜等にまとめて全部洗う
  メンテナンスは必要

  筆者なりにまとめてみました。
  いかがでしょうか? 食洗機、欲しいですか?不要ですか?(書き手 辻香織)

■次回予告
第6回 キッチンの寸法 −使いやすい高さとは−

Pocket

キッチンのおはなし

辻のお手紙にご登録頂くとツジデザインの様々な新着情報をお届けします

辻のお手紙にご登録頂くとツジデザインの様々な新着情報をお届けします