ツジデザイン一級建築士事務所

周のいえ岐阜県岐阜市

用途 住宅
概要 新築
敷地面積 60坪
延床面積 28.5坪
完成 2016年2月

敷地は近年急速に宅地化しつつある市内の一角。この敷地も東と南に低層アパート、北は位置指定道路をはさみ宅地、西も道路を挟んで大型建築といった条件だった。
特に南は敷地境界いっぱいに自転車置場やタンクが並び、不特定多数が頻繁に出入りする悪条件。

そんな中でのクライアントからの要望は、カーテンが必要無い明るい家。

プランはほぼ真四角にした建物の中心に螺旋階段を配置し、南北に土間を通す。その土間と階段を中心として、東を主室、西は水廻りと明快に分割した。
螺旋階段であがった2階はいわゆる個室は望まれなかったので、オープンスペースとし、高低差で柔らかく領域を分けた。
唯一周囲に開いている北側は、庇を2mはねだし、軒下空間をつくりあげた。ここで、周囲の住民との交流が起こることを望んでいる。

問題の採光については、屋根のすぐ下に360度ぐるりと窓を周らせた。高い位置にある窓なので、生活道路や自転車置き場からは見られることがなく、かつ採光は充分とることができた。

コストも限られていたため、内装の仕上げもラワン合板の素地まま、天井も仕上げる必要がない木毛セメント板をそのまま張り上げた。
キッチンもミニマムで良いと合意が得られたため、モルタル仕上の簡素なものとした。

収納も少なく、個室も無い。住み手の力量が問われる住宅だが、楽しく住みこなしていただいているようで、設計者としても嬉しい。ぐるりと周るハイサイド窓とぐるりと周る螺旋階段、さらにクライアント様の名前から1字いただいて周のいえとした。

<規模>
木造2階建

<仕様>
屋根:ガルバリウム鋼板
外壁:ラスモルタル無塗装
主室床:杉足場板
主室壁:ラワン合板無塗装、一部砂漆喰左官仕上げ
主室天井:木毛セメント板
キッチン:オリジナル

Pocket

Pocket

辻のお手紙にご登録頂くとツジデザインの様々な新着情報をお届けします