ツジデザイン一級建築士事務所

辻のおはなしTsuji’s Blog

辻のおはなしでは、ツジデザインのプロジェクトの進捗や僕達の価値観にまつわるさまざまなコト、
モノについてとりとめなく書いていく小文です。
また、一般の方にわかりにくい用語の解説や家づくりのあれこれなどの知識も、
わかりやすくまとめていきます。

2018.10.06

岐阜県で住宅を建てるともらえるお金のはなし

お金のおはなし

DSCF2854_00009_00009_00009

岐阜県個人住宅建設資金利子補給制度というのがあります。
おおざっぱに言えば、岐阜県に家を建てると岐阜県からお金がもらえます。

ただし。この制度は自分で申し込みをしないともらえません。

そもそもこの制度がどれくらい知られているかも怪しいところ(銀行担当者もよく知らないことも‥しっかりして)
とはいえ、補助金をもらうにはそれなりの条件が必要です。
今回は岐阜県の補助金に絞って解説したいと思います。

■お金をもらえる人

まず、岐阜県が指定する銀行で住宅ローンを利用して、岐阜県内に自分が住む新築住宅を建てること。
現金一括で購入したり、賃貸に使うために建てる住宅では対象外ということです。
あと、都道府県税の滞納がないこと。

■お金をもらえる住宅
18歳未満の子供がふたり以上同居する住宅(こそだてゆうゆう住宅)
もしくは、60歳以上の高齢者が同居する住宅(高齢者同居等住宅)

ただし、高齢者同居の場合は抽選となります。

■お金をもらえる住宅の性能
性能評価住宅、もしくはフラット35の技術基準に適合した住宅。
高齢者同居等住宅の場合はフラット35Sバリアフリータイプに限ります。
フラット35のほうが簡単です。「技術的基準に適合した住宅」であることが条件ですので、フラット35を利用しなくても大丈夫。

■いくらもらえるの
当初5年間、1.0%の利子に相当する額が補助されます。
5年間、金利が-1%になるのと同義ですね。

■申込みの方法は?
金融機関が窓口になりますので、住宅ローンを申し込んだ銀行担当者にご相談ください。

 

いかがでしたか?
たかが1%されど1%。
補助金の原資はもともと自分たちが支払った税金です。労働によって稼いだリソースを社会に再分配する、社会保障制度そのものです。
せっかく県が用意してくれている社会保障制度、きちんと理解して利用していけると良いですね!
詳細な条件は、担当銀行や県に聞いてみてくださいね。

 

Pocket

お金のおはなし

辻のお手紙にご登録頂くとツジデザインの様々な新着情報をお届けします

辻のお手紙にご登録頂くとツジデザインの様々な新着情報をお届けします